吉川尚輝選手の野球センスが高すぎ!YouTube・動画から解析!

吉川尚輝選手について

巨人の若手で大ブレイク候補の1人が吉川尚輝選手です。

走攻守そろった野球センスの高さは、今後のキープレイヤーと言っても過言ではありません。

とくに、俊足を生かした走塁と鉄壁な守備が魅力的です。

今回は、YouTube動画から吉川尚輝選手の野球センスの高さを解析していきます。

 

大学時代から吉川尚輝選手の野球センスの高さがわかるYouTube動画

吉川尚輝選手の野球センスの高さは、中京学院大学時代からすでに輝いています。

このYouTube動画は、吉川尚輝選手の中京学院大学時代の2015年春季リーグ戦の動画です。

吉川尚輝選手の中京学院大学時代の動画

前半の動画から、バッティングセンスの高さが窺えます。

 

ライトに引っ張るだけでなく、流し打ちでヒットを打っており、バットコントロールの高さがわかるでしょう。

また、動画中盤の盗塁シーンでは、吉川尚輝選手の俊足を理解することができるはずです。

後半の動画からは、守備力の高さがわかります。

このように、大学時代から吉川尚輝選手は走攻守すべて揃った選手だったのです。

 

吉川尚輝選手のバッティングセンスの高さがわかるYouTube動画

このYouTube動画からは、吉川尚輝選手のバッティングセンスの高さがわかります。

吉川尚輝選手のバッティングセンス

この動画は、2019年の春季キャンプの紅白戦の吉川尚輝選手のタイムリー動画です。

 

やや真ん中に入った甘いボールを上手に流し打ちして、三遊間を見事に破っています。

まさに、見事なバットコントロールであり、さすが吉川尚輝選手のバッティングセンスです。

この調子でいけば、2019年シーズンも吉川尚輝選手の活躍が期待できるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

吉川尚輝選手のパワーがわかるYouTube動画

このYouTube動画は、吉川尚輝選手の2018年のホームラン特集です。

吉川尚輝選手の2018年のホームラン特集

平成の怪物と称された松坂大輔投手から放ったプロ初本塁打から始まり、2018年シーズンは4本ホームランを放っています。

 

吉川尚輝選手は、あまりパワーで打つタイプではありません。

しかし、十分ホームランを打つだけのパワーを兼ね備えています。

それがよくわかるのが、松坂大輔投手からのホームランです。

動画からわかるように、ライトスタンド中段まで運んでおり、飛距離がありますね。

それだけ、吉川尚輝選手にはパワーがあるのです。

2019年は、二桁ホームランを狙って欲しいものです。

吉川尚輝選手のバッティングセンスなら、十分可能な数字でしょう。

 

吉川尚輝選手の俊足と守備力がわかるYouTube動画

このYouTube動画は、吉川尚輝選手の盗塁・セーフティバント・ファインプレーが集められた動画です。

吉川尚輝選手の盗塁・セーフティバント・ファインプレー集

最初の盗塁から、いかに足が速いのかがわかります。

 

また、次のセーフティバントは、サードが投げられない絶妙なバントで、ここからも、センスの高さがわかります。

吉川尚輝選手は、小技を駆使することもできるのです。

さらに、その後の動画のファインプレー集から、いかに吉川尚輝選手の守備力が高いのかがわかりますね。

ゴールデングラブ賞候補と言われるのも納得の守備力です。

巨人の不動のレギュラーであるショートの坂本勇人選手と二遊間コンビを組めば、まさに鉄壁のセンターラインを結成することができます。

2019年も守備でスーパープレイを見せてくれるでしょう。

 

まとめ

今回は、吉川尚輝選手の野球センスの高さをYouTube動画から解析してみました。

いずれのYouTube動画からも、吉川尚輝選手の野球センスの高さがわかります。

まさに、走攻守すべて揃っているプレイヤーが吉川尚輝選手なのです。

この野球センスの高さなら、二塁手のレギュラーとしても十分やっていけるはずですし、それどころか、ゴールデングラブ賞などを受賞してもおかしくありません。

それだけに、2019年シーズンはどんな活躍をするのか注目です。吉川尚輝選手の今後の活躍に期待しましょう。

スポンサーリンク

 

コメント