吉川尚輝選手のこれまでの登場曲は?どんな曲なのか動画で紹介!

吉川尚輝選手について

巨人の正二塁手候補の1人である吉川尚輝選手は、今後注目の若手の選手です。

バッティングセンスの高さはもちろん、ゴールデングラブ級の守備力と俊足を活かした走塁は魅力的です。

そんな吉川尚輝選手ですが、当然、登場曲がありますよね。

そこで今回は、これまで吉川尚輝選手が使った登場曲について紹介していきます。

 

吉川尚輝選手のこれまでの登場曲!

吉川尚輝選手は、これまで登場曲いくつか使用しています。

プロ1年目の2017年シーズンに使っていた登場曲は、寿君「オレガヤレバ」です。

ちなみに、「オレガヤレバ」は2018年シーズンでも継続して使われています。

プロ2年目の2018年シーズンからは、SUNMI「Gashina」も登場曲としています。

さらに2018年は、BLACKPINK「DDU-DU DDU-DU」も登場曲として使っているのです。

きっと、いずれの曲も吉川尚輝選手にとっては、テンションを高くしてくれる曲なのでしょう。

まだ2019年の登場曲はわかりませんが、もしかしたら、また新しい曲を登場曲にするかもしれません。

吉川尚輝選手が2019年の登場曲として、どんな曲を選んでいるのか楽しみです。

 

吉川尚輝選手の登場曲1!「オレガヤレバ」

この動画は、吉川尚輝選手が2017年から継続して登場曲として使っている「オレガヤレバ」です。

吉川尚輝選手の登場曲1

バックスクリーンに流れる吉川尚輝選手と相まって、なかなかカッコイイですね。

 

寿君という関西出身のレゲエアーティストの曲で、背中を押してくれる歌詞となっています。

それだけに、吉川尚輝選手もモチベーションを高める曲として、「オレガヤレバ」を登場曲にしたのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

吉川尚輝選手の登場曲2!「Gashina」

この動画は、吉川尚輝選手が2018年から登場曲として使っている「Gashina」です。

吉川尚輝選手の登場曲2

この曲を歌っているのは、韓国人のイ・ソンミです。

 

ソンミは、ワールドガールズというグループでデビューし、2013年にソロデビューした歌手となっています。

この曲は、2017年にリリースされ、韓国で高い人気を誇っていますね。

曲を聞いていると、確かにテンションを高めるのにピッタリな曲調です。

ただ、歌詞としては失恋を乗り越えて、強くなっていく女性の歌とのことで、たぶん、歌詞の意味ではなく、曲調の雰囲気から登場曲にしたのでしょう。

ちなみに、イ・ソンミは「今後日本でも活躍するのでは?」と言われているとのことです。

 

吉川尚輝選手の登場曲3!「DDU-DU DDU-DU」

この動画は、吉川尚輝選手が2018年から登場曲として使用している「DDU-DU DDU-DU」です。

吉川尚輝選手の登場曲3

この曲は、韓国のガールズグループであるBLACKPINK(ブラックピンク)の曲となっています。

 

2018年にリリースされたシングル曲で、韓国だけでなく世界的に人気となり、米国のビルボードが発表する音楽ヒットチャートで第1位を獲得しています。

ちなみに、ブラックピンクは日本でも活躍しており、2017年は日本武道館でライブを行い、2018年も京セラドーム大阪などでコンサートを行っています。

人気が高まっているガールズグループの曲を登場曲にするだけに、意外と吉川尚輝選手はミーハーなのかもしれませんね。

 

まとめ

今回は、吉川尚輝選手の登場曲について紹介してきました。

吉川尚輝選手はこれまで、「オレガヤレバ」「Gashina」」「DDU-DU DDU-DU」などを登場曲として使っています。

なかなかカッコイイ曲ばかりで、テンションを高めて打席に立つのにピッタリの曲ですね。

意外なことに、「オレガヤレバ」はレゲエアーティストによる曲で、「Gashina」「DDU-DU DDU-DU」はKポップでした。

吉川尚輝選手は、レゲエ音楽やKポップが好きなのかもしれませんね。

いずれにしても、2019年シーズンはどんな登場曲を使うのか注目です。

意外な曲を登場曲に使ってくるかもしれません。

スポンサーリンク

 

コメント