伸びしろ十分の巨人・平井快青投手!年俸・ピッチングスタイルを動画で紹介!

ピッチャー

巨人の高卒ルーキーで、高い将来性を見込まれているピッチャーが平井快青投手です。

育成選手としての入団ですが、伸びしろがあって成長すれば1軍でも活躍できることでしょう。

そのため、これからが期待の選手となっています。

今回は、そんな平井快青投手の年俸や特徴などについて紹介していきます。

 

巨人の平井快青投手とは?

巨人の平井快青投手は、2018年のドラフト会議において育成2位で指名されて巨人に入団しています。

高卒での指名であり、岐阜第一高等学校で1年生からエースとして活躍しました。

とは言え、高校時代は甲子園には出場していません。

それでも育成選手として指名されるだけに、将来性が高く評価されていることがわかりますね。

また、巨人のスカウト陣が甲子園に出場していない地方の選手もしっかりとチェックしていることわかりますね。

平井快青投手が活躍できれば、巨人のスカウト陣がいかに優秀なのかを自慢できることでしょう。

ちなみに、平井快青投手の憧れの投手は、ドジャースの前田健太投手とのことです。

 

巨人の平井快青投手の年俸は?

平井快青投手の年俸は、年俸230万円・支度金200万円で巨人に入団しています。

高卒ルーキーで、しかも育成選手としての入団なら妥当な金額でしょう。

プロ野球選手としては少ない年俸ですが、支配下選手登録されればもっとアップします。

その後も、1軍で活躍できれば数千万円~億単位でも契約だってあるのですから、平井快青投手にはそんな高給取りのピッチャーになってほしいですね。

ちなみに、平井快青投手の背番号は012となっています。

支配下選手登録されれば二桁の背番号となるため、早く背番号が二桁に変わって欲しいですね。

 

スポンサーリンク

巨人の平井快青投手の特徴やピッチングスタイル

平井快青投手の特徴は、184センチの長身を生かしたストレートです。

右投げで上から振り下ろすスタイルのピッチングは、ストレートに威力があって大きな武器となっています。

最速145キロですが、球威があって魅力的です。

また、変化球ではフォークとカーブを持っています。とくにフォークは落差があって、空振りを奪うことができるボールです。

このフォークを磨くことで、プロでも通用するピッチャーに成長することができるでしょう。

高卒ルーキーということで、まだまだ身体を作り込むことが重視されているはずです。

身体を作り込んで、どれほどパワーアップしたパフォーマンスが発揮できるのかに注目です。

 

平井快青投手のピッチング動画!

この動画は、平井快青投手が3軍の試合に登板して三振を奪った際の動画です。

 

平井快青投手が3軍の試合で三振を奪った動画

 

ストレートに威力があって、武器になっているのがわかります。

ただ、コントロールにバラつきがありますね。

平井快青投手の課題の一つが制球力でしょう。

コントロールを身に付けることで、もっと高いレベルでプレーすることができるはずです。

途中で牽制も入れていますが、惜しいですね。

長身のピッチャーですが、意外と器用なのかもしれません。

いずれにしても、まずは3軍の試合でしっかりとアピールすることが大切でしょう。

 

これからの成長と支配下選手登録に期待!

巨人の平井快青投手は、とにかくこれからの成長に期待です。

まだ高卒ルーキーであり、身体を作りと経験を積むことが大切な時期です。

しっかりと身体を作って、経験を活かせるようになれば活躍することができるでしょう。

2軍での登板機会も増えるはずであり、そこで結果を残せれば支配下選手登録も考えられます。

長身を生かしたストレートと落差のあるフォークは魅力的で、これからの成長に期待です。

早く1軍の試合で見てみたい選手となっています。

平井快青投手には、ぜひ注目してみてください。

コメント