吉川尚輝選手は亜細亜大学とどんな関係!?実は退部していた?

吉川尚輝選手について

巨人の若き二塁手レギュラー候補である吉川尚輝選手は中京学院大学出身です。

しかし、実は亜細亜大学にも関係している選手となっています。

実際に、「吉川尚輝」と検索すれば、「亜細亜大学」という検索ワードも表示されます。

そこで気になるのが、どんな関係があるのか?ではないでしょうか?

そこで今回は、吉川尚輝選手と亜細亜大学の関係について紹介していきます。

 

吉川尚輝選手は亜細亜大学野球部を入部辞退していた!

巨人の吉川尚輝選手と亜細亜大学野球部の関係は、入部を辞退したというものです。

 

実は、吉川尚輝選手は亜細亜大学への入学が内定していたとのことです。

 

もちろん野球部の入部が前提となっており、入学前の沖縄キャンプに参加しています。

 

しかし、亜細亜大学への入学を辞退し、中京学院大学への入り直しをしているのです。

 

なぜ吉川尚輝選手は亜細亜大学野球部を入部辞退したの?

ここで気になるのが、なぜ吉川尚輝選手は亜細亜大学野球部への入部を辞退し、亜細亜大学への進学を取りやめたのかではないでしょうか?

 

この理由は、亜細亜大学野球部の練習環境にあります。

 

東都大学野球1部リーグの亜細亜大学は、大学野球部の中でも名門として名が通っています。

 

しかし、その練習環境は過酷で、大学の野球部で一番厳しいと言われているのです。

 

グランド内で嘔吐するのは普通の光景であり、寮では厳しい掟があるとされています。

 

そんな環境に吉川尚輝選手は馴染むことができず、亜細亜大学野球部への入部辞退とともに、亜細亜大学への進学も辞退することになったのです。

 

スポンサーリンク

 

吉川尚輝選手の亜細亜大学野球部を入部辞退した後の活躍!

しかし、吉川尚輝選手は亜細亜大学への進学を辞退するも、その後しっかりと活躍しています。

 

中京学院大学に進学した吉川尚輝選手、1年春からリーグ戦に出場しており、秋にはベストナインまで受賞しています。

 

4年の春には全日本大学野球選手権大会に出場し、優勝まで導いているのです。

 

さらに、日本米大学野球選手権大会の日本代表に選出されています。

 

ドラフトでは巨人から1位指名され、入団を果たしているのです。

 

亜細亜大学へ進学していたら、その後どうなっていたのかはわかりません。

 

もちろん、大活躍していた可能性もありますが、結果的にドラフト1位で指名されるほど成長できたのだから、亜細亜大学への進学ではなく、中京学院大学への進学という選択は正解だったのではないでしょうか?

 

実は亜細亜大学野球部を逃げだしたのが吉川尚輝選手だけじゃない!

実は、亜細亜大学野球が厳しいのはとても有名です。

 

これまで、多くの甲子園で活躍した選手が入部するも、退部したり入学辞退をしたりしています。

 

また、亜細亜大学野球部出身のプロ野球選手も、当時の厳しい練習を振り返って『地獄』と表現しています。

 

阪神で活躍した赤星憲広さんも亜細亜大学野球出身なのですが、「何億円積まれても大学時代には戻りたくない」と語るほど、過酷な環境なのです。

 

ちなみに、赤星憲広さんたちの代は20数人、全員が逃げ出したことがあったとのことです。

 

結局、舞い戻ったとのことですが、逃げ出すほど厳しいということがよくわかります。

 

まとめ

今回は、吉川尚輝選手と亜細亜大学の関係について紹介してきました。

 

吉川尚輝選手は、亜細亜大学進学が内定しており、野球部入学の予定でした。

 

しかし、沖縄キャンプに参加し、その厳しい練習環境に馴染むことができず、入部・入学を辞退したのです。

 

その後は、中京学院大学に進学し、大学時代には大学日本代表に選出されるほどの選手となります。

 

そして、巨人からドラフト1位指名され、プロ野球選手となっているのです。

 

結果的に、亜細亜大学へ入学せず、中京学院大学に進学したから成功することができたのかもしれません。

スポンサーリンク

 

コメント