坂本勇人選手はどんなグローブを使っている?メーカー遍歴を紹介!

内野手

巨人の主力メンバーとして、真っ先に思い浮かべるのが坂本勇人選手ではないでしょうか?

バッティングはもちろん、守備の面でも活躍していて、まさに攻守にわたって活躍している坂本勇人選手ですが、活躍すればそれだけいろんなことが知りたくなりますよね。

そうなると坂本勇人選手のファンとしてはどんなグローブを使っているのか気になるはずです。

そこで今回は、坂本勇人選手がこれまで使っていたグローブ・メーカー等についてもご紹介していきたいと思います。

 

坂本勇人選手のプロ1年目のグローブはSSK

坂本勇人選手は巨人に入団して1年目は、SSKのグローブを使用しています。

2006年のドラフトで巨人入りした坂本勇人選手は、早々とSSKと契約。プロ1年目の2007年シーズンはSSKのグローブを使用してプレーしていたのです。

ちなみに、坂本勇人選手は1年目に1軍デビューを果たしており、初ヒットも放っています。

 

プロ2年目から坂本勇人選手は久保田スラッガーのグローブを愛用!

プロ2年目となる2008年シーズンからは、坂本勇人選手はグローブを変更しています。

久保田スラッガーというメーカーのグローブを使用するようになったのです。

実は、坂本勇人選手が高校時代に愛用していたのが、久保田スラッガーのグローブだったんですよねw。

そのため、使いやすかった久保田スラッガーに戻したのではないでしょうか?

ちなみに、2008年シーズンは開幕スタメンを果たしており、2年目ながらフル試合出場しています。オールスターにも出場しており、この年から坂本勇人選手の注目度がグングン上がっていったのです。

 

スポンサーリンク

 

坂本勇人選手のグローブはミズノの落ち着く!

しばらく久保田スラッガーのグローブを使用していた坂本勇人選手ですが、ある時からミズノのグローブを使用するようになります。

一説によると、宮本慎也氏や井端弘和氏の影響が大きかったとのことです。

実は、2012年のシーズン前の自主トレで、坂本勇人選手は宮本慎也氏の自主トレに参加します。

宮本慎也氏と言えば守備の名手ではあり、球団は違いますがそれでも自主トレに参加し、その際に影響を受けたとされているのです。

また、2014年に井端弘和氏が巨人に移籍し、ミズノ製のグローブをプレゼントしたとされています。

その後、坂本勇人選手はミズノとグローブアドバイザリー契約を結んでいます。

 

坂本勇人選手はグローブを冷蔵庫に入れて保管するって本当?

坂本勇人選手は、グローブを冷蔵庫に入れて保管するという情報があります。

この情報は、事実のようですね・・・。

冷蔵庫に入れる理由は、グローブの革を柔らかくなり過ぎるのを防ぐためとのことです。

実は、試合中もベンチ裏の冷蔵庫に保管することがあるとされていて「タバコでも吸っているのでは?」との噂になったとのことですが、冷蔵庫にグローブを入れるためだったのです。

坂本勇人選手は、できるだけグローブを変えたくないため、このように冷蔵庫にグローブを保管しているとのことです。

ちなみに、グローブを冷蔵庫にグローブを保管するのは坂本勇人選手だけではなく、松井稼頭央氏や立浪和義氏なども、冷蔵庫にグローブを保管していたとされています。

 

まとめ

今回は、坂本勇人選手のグローブについて紹介してきました。

坂本勇人選手が使っているグローブのメーカーは、けっこう変わっています。

プロ1年目はSSKのグローブを使い、プロ2年目からは久保田スラッガーのグローブを使用しています。

その後、ミズノのグローブを使用するようになり、グローブアドバイザリー契約を結んでいるのです。

また、坂本勇人選手はグローブを冷蔵庫に入れて保管するとのことです。

これにより、グローブの革が柔らかくなりすぎるのを防ぐことができるとのことです。

ぜひ、この効果を知りたい方は、グローブを冷蔵庫に入れて保管してみてください・・・。

スポンサーリンク

 

コメント