大ブレイクの予感!巨人・若林晃弘選手の年俸や父親について紹介!

内野手

巨人の注目選手の1人が若林晃弘選手です。

今シーズンはセカンドのレギュラーは吉川尚輝選手だと思われていたものの、ケガによって他の二塁手にチャンスが回ってきています。

そのチャンスを活かしているのが若林晃弘選手であり、今後大ブレイクしていきそうな勢いです。

今回は、そんな巨人の注目の若手・若林晃弘選手のこれまでの年俸や父親について紹介していきます。

 

巨人の若林晃弘選手とは?

若林晃弘選手は、2017年のドラフトで巨人から6位で指名されて入団しています。

社会人野球からプロになっており、第28回BFAアジア選手権では社会人日本代表にも選出されています。

プロ1年目の2018年シーズンは、1軍ではわずか17試合しか出場していません。

ただ、2軍では打率.303の記録を残しており、ホームランも7本も放っています。

2019年は、2軍で結果を残して1軍昇格。

交流戦では結果を残しており、6月10の段階で2本塁打と3盗塁を記録しています。

吉川尚輝選手がケガでセカンドが固定できていないだけに、若林晃弘選手のブレイクが期待されているのです。

 

巨人の若林晃弘選手のこれまでの年俸は?

若林晃弘選手は2017年に巨人に入団しており、年俸800万円・契約金4,000万円とされています。

社会人出身ということもあり、即戦力として期待されて入団しています。

しかし、残念ながら1年目の2018年シーズンは1軍での出場は、わずか17試合で1安打しか打てていません。

それでも、2軍では活躍していることもあり、微増の年俸880万円で契約更新しています。

この微増は、これからの活躍への期待感もこもっていることでしょう。

今シーズン活躍することができれば、年俸は倍増どころか3倍になってもおかしくありません。

いずれにしても、2019年シーズンの活躍に期待です。

 

スポンサーリンク

 

巨人の若林晃弘選手の父親は野球選手?

巨人の若林晃弘選手が注目されると、必ず話題になるのが父親の話です。

実は若林晃弘選手の父親は、元横浜大洋ホエールズの若林憲一氏なのです。

主に代走や守備固めなどで起用された選手ですが、ホームランも放っています。

現役最後の年には、二軍兼任コーチまで勤めています。

若林晃弘選手は、2019年6月7日にプロ初本塁打を放ったのですが、これで実の親子がホームランを放ったのは7組目です。

父親の若林憲一氏を超える活躍を期待しましょう。

 

若林晃弘選手がどんな選手かわかる動画

この動画は、若林晃弘選手のヒットと盗塁を記録した際の動画です。

 

若林晃弘選手のヒットと盗塁の動画

 

この動画から、若林晃弘選手がどんな選手なのかわかります。

上手にミートしてヒットを打つことができるバッティングセンスがあり、俊足で盗塁も可能な選手です。

動画からわかるように、見事な盗塁を決めています。

巨人には、あまり盗塁が決められる選手がいません。

それだけに、若林晃弘選手は貴重な存在であり、これからも重宝されることでしょう。

どんどん俊足を活かした盗塁をしてほしいものです。

 

2019年は若林晃弘選手の大ブレイクに期待!

巨人の若林晃弘選手には、2019年シーズンに大ブレイクを果たしてほしいものです。

セカンドのレギュラーだった吉川尚輝選手がケガをしたことで、今回のチャンスが生まれました。

今はそのチャンスを見事に活かしており、この調子を維持してほしいものです。

維持することができれば、セカンドのレギュラーの座を奪うことができるでしょう。

そうなれば、巨人の若手選手で競争が激化し、さらに成長していくのではないでしょうか。

将来の巨人のためにも、若林晃弘選手が大ブレイクすることが期待されているのです。

センスのあるバッティングや俊足で、どんどんアピールしていってほしいものですね。

スポンサーリンク

 

コメント