注目の若手外野手は加藤脩平選手!ついに支配下登録されたが年俸はいくら?

外野手

巨人の若手選手の中でも、外野手で注目株の1人が加藤脩平選手です。

育成ドラフトで巨人に入団した選手ですが、ついに2019年6月9日に支配下選手登録されました。

これで1軍出場の可能性も出てきたわけであり、今後の活躍に期待の選手となっています。

今回は、そんな注目の若手外野手・加藤脩平選手のこれまでの年俸やどんな選手なのかを紹介していきます。

 

巨人の加藤脩平選手とは?

加藤脩平選手は、2016年に行われたドラフトで育成2位として巨人から指名されて入団しています。

翌シーズンのルーキーイヤーは、3軍のみの出場となっています。

2018年は2軍の試合にも出場するようになり、2019年では結果も残せるようになりました。

そして、2019年6月9日に巨人は加藤脩平選手を支配下選手登録すると発表。

これで、背番号は002から94となり、これからは1軍登録も可能となります。

東京ドームで行われた会見では、「自分のセールスポイントはバッティングと肩なのでアピールしたい。尊敬している丸さんのようなバッターになりたい」と語っています。

バッティングと肩で思う存分アピールしてほしいですね。

 

巨人の加藤脩平選手のこれまでの年俸は?

巨人の加藤脩平選手の年俸ですが、入団時は年俸240万円・支度金200万円となっています。

翌シーズンは3軍のみの出場とあって、10万円増額の年俸250万円で契約更新。

翌年は、2軍の試合にも出場しており、成長がみられて年俸も300万円に増額されています。

そして、支配下選手登録されたことによって、年俸は420万円となりました。

これから、活躍すればどんどん年俸は上がっていくことでしょう。

すぐに1軍登録になるかはわかりませんが、いずれチャンスは巡ってくるはず。

その際に、しっかりとアピールできれば、オフには年俸1,000万円超えもありえるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

加藤脩平選手はどんな選手なの?バッティング・強肩がウリ?

加藤脩平選手は、自分でも語っていたようにバッティングと肩が注目の外野手となっています。

高校時代は二刀流であり、静岡県の磐田東高校でエースとして最速142キロをマークしています。

そのため、肩が強いのも納得できるのではないでしょうか。

また、高校通算28本塁打を放っており、高校時代からバッティングも高評価の選手です。

2019年の2軍でも、すでに4本塁打放っています。

これは、巨人の2軍選手の中でもトップタイの数字となっています。

力強いバッティングは、1軍登録されても注目でしょう。

 

加藤脩平選手の期待度の高さがわかる動画!

この動画は、加藤脩平選手が2軍の試合でホームランを放った動画です。

 

加藤脩平選手がホームランを放った動画

 

やや甘めのインコースのボールを見逃さず、ジャストミートしています。

文句のないホームランと言っていいでしょう。

2軍の試合とは言え、これだけのホームランを打てるのだから期待されるのも納得です。

1軍でもホームランを打ってほしいですね。

まだ20歳の加藤脩平選手だけに、今後も順調に成長していってほしいものです。

 

まずは1軍で上がって出場することに期待!

支配下選手登録された加藤脩平選手ですが、まずは1軍まで這い上がってくることに期待です。

巨人は有力な外野手が多く、1軍には丸佳浩選手・亀井善行選手・ゲレーロ選手・重信慎之介選手・陽岱鋼選手などがいます。

それだけに、加藤脩平選手がそれらの選手を押しのけて出場するのは至難の業です。

そのため、当面は2軍で試合経験を積ませることでしょう。

しかし、2軍で結果を残していれば、1軍昇格の可能性はあります。原辰徳監督の性格から言えば、1軍昇格すれば1度はチャンスを与えるでしょう。

まずは、1軍昇格を目指して、これからも成長していってほしいですね。

スポンサーリンク

 

コメント