巨人・和田恋選手の評価は?1軍で活躍するために必要な能力とは?

内野手

巨人の注目の若手選手として挙げられるのが和田恋選手です。

2013年のドラフトで巨人に2位指名で入団後、2軍で大活躍して2018年には1軍初安打を放っています。

巨人ファンなら活躍をみんなが望む期待の若手選手ですよね。

そんな和田恋選手だけに、どんな評価をされているのか?これは気になりるところではないでしょうか?

そこで今回は、和田恋選手の高校時代・プロ入り後・現在の評価、また活躍ぶりをご紹介していきたいと思います。

 

和田恋選手の高校時代の評価!

和田恋選手の高校時代の評価ですが、バッティング面で高い評価をされています。

高知高校では、1年生の夏からレギュラーとなり、高校通算では55本塁打を記録、長打力のあるパワーヒッターであり高い評価をされていたのです。

また、当時のポジションは三塁手がメインだったのですが、守備の面でも肩が強くて送球も抜群と高評価となっていました。

そのため、複数球団がリストアップしていたとされており、巨人も2位で上位指名しているのです。

 

和田恋選手の巨人入り後の評価!

巨人入り後の評価ですが、やや評価は落ちてしまいます。

2軍でも成績を残せない時期が多く、得意のバッティングでも活躍ができなかった時期があるのです。

これは、巨人入りしてコンバートされた影響があるでしょう。

1年目の秋季キャンプには捕手に挑戦しており、その後は外野手にも挑戦しているのです。

そして今では、外野手登録の選手となっています。

また、2018年は評価をグッと高めていて、2軍で18本塁打を放ち、本塁打王と打点王の2冠王となったのです。

そのため、バッティング面での評価が高まっています。

ただし、やや守備面での評価が低く、今後の課題とされています。

 

スポンサーリンク

 

和田恋選手の現状の評価!

和田恋選手ですが、2019年の春季キャンプでは高評価からスタートしています。

実際に、1軍でのキャンプスタートとなったのですが、2月22日から2軍キャンプに降格となっています。

これは、春季キャンプでの紅白戦・練習試合で結果が残せなかったのが影響しているでしょう。

やや評価を落としてしまった和田恋選手ですが、まだまだアピールチャンスはあるはずですので、今後の活躍に期待しましょう。

 

和田恋選手のバッティングが評価される理由がわかる動画

<高知高校時代のホームラン動画>

この動画は、高知高校時代に甲子園でホームランを打った時の動画です。

甲子園でのホームラン動画

甲子園の右中間スタンドに飛び込みホームランです。

 

これだけのパワーがあれば、高校時代にバッティングで高い評価を受ける理由がわかります。

ちなみに、相手の済美高校のピッチャーは、現在楽天イーグルスで活躍する安楽智大投手です。

 

<イースタンリーグでのホームラン動画>

この動画は、和田恋選手の2018年イースタンリーグでの17号ホームランの動画です。

イースタンリーグ17号ホームランの動画

見事にボールを捉えて、レストスタンド上段にホームランを放っています。

 

これがまさに、和田恋選手の武器であり魅力でしょう。

バッティングでの評価が高くなるのも納得であり、1軍でのホームランを見てみたいものです。

とは言え、外野手のレギュラー争いは熾烈のため、ぜひ和田恋選手にはさらに成長してもらいたいですね。

そして、1軍でもホームランの量産に期待しましょう。

 

まとめ

今回は、和田恋選手の評価について紹介してきました。

和田恋選手は、高校時代から高評価であり、とくにバッティング面で評価が高いです。

プロ入り後は、2軍でもなかなか成績が残せず苦しみましたが、2018年には2冠王となって再び打撃面で評価が高まっています。

ただし、守備面での評価が低いため、今後の課題となっています。

ホームラン動画からも、和田恋選手のパワーは十分ですが、外野手のレギュラー争いは厳しいため成績面でもっとアピールしないと開幕1軍も厳しいでしょう。

まだチャンスはあるはずなので、そのチャンスを生かして活躍してほしいですね。

スポンサーリンク

 

コメント