今や巨人の中心選手である丸佳浩選手!どんな選手で年俸は?その活躍を動画で解説!

外野手

2018年にFAをして巨人に入団した丸佳浩選手。

これで巨人の打線が厚みを増すと思っていたのですが、やはり2019年シーズンは丸佳浩選手のおかげで打線がいいですね。

坂本勇人選手の好調も、丸佳浩選手が後ろに控えているからという説があるほどです。

今回は、そんな巨人移籍1年目から中心選手になった丸佳浩選手は、どんな選手で年俸はどれくらいなのか紹介していきます。

 

巨人の丸佳浩選手とは?

巨人の丸佳浩選手は、2007年のドラフトで広島カープから3位指名で入団しています。

高校時代はピッチャーとしても活躍したのですが、プロ入り後は野手に専念しています。

新人シーズンから数年は2軍で活躍し、1軍に出場したのは2010年のことです。

2011年以降は、レギュラーを勝ち取っています。

2016年~2018年は広島カープがセリーグ3連覇しますが、その立役者の1人が丸佳浩選手なのです。

しかし、2018年にFA権を行使し、巨人に入団しています。

すでに2019年シーズンはスタートしていますが、3割を超える打率と4割を超える出塁率で今や巨人に中心選手となっています。

 

巨人の丸佳浩選手のこれまでの年俸は?

丸佳浩選手は、2007年のドラフトで広島カープに年俸500万円・契約金4,000万円で入団しています。

その後は、現状維持・微増だったのですが、1軍で活躍しはじめた2011年のオフには倍増以上の年俸1,700万円となっています。

その後は、1軍での成績がどんどん伸びていったこともあり、順調に年俸は高騰していったのです。

そして、2016年シーズンは広島カープが優勝し、その立役者の1人だった丸佳浩選手も一気に年俸が上がって1億4,000万円で契約更新しています。

翌年も優勝しており、年俸は2億1,000万円で契約更新。

2018年はFAによって巨人に移籍したわけですが、さらに年俸は増えて4億5,000万円で巨人に入団しています。

これだけの金額を提示されれば、巨人に移籍したくなるのも納得です。

ちなみに、小さい頃は巨人ファンだったと知られており、これも巨人移籍への理由の1つかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

丸佳浩選手は走攻守すべて揃っている!

丸佳浩選手がどんな選手なのかですが、走攻守すべてが揃っている選手と言えます。

50メートルは6秒1であり、2013年には盗塁王に輝いています。

打撃面では、2017・2018年シーズンと打率3割をマークしており、2018年には出塁率.468とスゴイ数字を残しているのです。

また、2017年には最多安打を獲得しています。

守備も失策が少なく、強肩を誇っています。

そのため、ゴールデングラブ賞を2013年~2018年まで連続で獲得しているのです。

2019年もこのままいけば獲得できるのではないでしょうか。

このように、丸佳浩選手はまさに走攻守の三拍子揃った選手なのです。

 

丸佳浩選手の活躍がわかる動画!

この動画は、2018年シーズンの丸佳浩選手のホームラン特集動画です。

 

丸佳浩選手のホームラン特集動画

 

右に左にバックスクリーンにとホームランを放っていますね。

難しいボールも見事に捉えており、丸佳浩選手のバッティング技術の高さがわかります。

巨人が大金を出してでも獲得したいのも、納得なのではないでしょうか。

巨人でもどんどんホームランを量産してほしいものです。

 

これからも巨人の中心選手としての活躍に期待!

FAで巨人に移籍した丸佳浩選手ですが、これからも長期間活躍することに期待です。

巨人にFAで移籍してきた大物選手はたくさんいます。

それらの多くは、すでにピークが過ぎていて数年しか活躍できていません。

しかし、丸佳浩選手はまだ30歳と比較的に若いです。

あと数年は現状維持の活躍ができるでしょうし、その後も40歳近くまではレギュラー格としての活躍が期待されています。

それだけに、これからも巨人の中心選手として、丸佳浩選手の活躍に期待しましょう。

スポンサーリンク

 

コメント