巨人・畠世周選手の現在は?近況について動画付きでご紹介!

ピッチャー

巨人の次期エース候補の1人が畠世周選手です。

2016年ドラフト2位で巨人に入団し、2017年シーズンには12先発で6勝4敗とプロ1年目としては十分な記録を残しています。

しかし、2018年シーズンは怪我により先発は0で、シーズン終盤に9試合登板したのみです。

そんな畠世周選手だけに、気になるのが現在の状態や近況についてですよね。

そこで今回は、巨人の次期エース候補の1人である、畠世周選手の現在・近況について紹介していきます。

 

畠世周選手の現在!怪我の影響や近況は?

畠世周選手で気になるのが、怪我の影響ではないでしょうか。

2018年は春季キャンプ中に「急性腰痛症」となり、治療と調整でなかなか実践復帰ができませんでした。

三軍での実戦復帰が8月11日であり、1軍で登板したのは9月23日です。

それだけに、現在の状況が心配ですが、2019年春季キャンプは2軍スタートとなっています。

順調に春季キャンプをこなしており、近況からは怪我の影響はないようです。

今後アピールしていけば、1軍への合流や開幕1軍の先発ローテーションに入る可能性はあるのではないでしょうか?

いずれにしても、怪我の影響は特にないようなので安心してください。

 

畠世周選手の現在!春季キャンプの近況について

畠世周選手の近況ですが、春季キャンプではすでに打者に対して投球をしています。

巨人2軍の春季キャンプにおいて、畠世周選手はフリー打撃に登板しているのです。

2月7日に、北村巧巳選手や加藤脩平選手(育成)を相手に直球のみ30球を投じています。

このときは、空振りも取っており、現在の結果としては上々です。

北村選手にはホームランも打たれていますが、直球のみだったことを考えれば問題ないでしょう。

順調に調整していき、変化球を駆使した投球ができるようになれば、実戦でも十分にアピールすることができるはずです。

今後の紅白戦やオープン戦での登板が楽しみです。

 

スポンサーリンク

 

畠世周選手の現在や近況がわかる春季キャンプ動画

この動画は、2019年2月11日の春季キャンプで畠世周選手がひとり居残り練習をしている動画となっています。

ひとり居残り練習をしている動画

メディシンボールやチューブなどを使って黙々と練習しているのがわかります。

 

これらの練習は、体幹を鍛えるのにピッタリです。

この様子を見ていると、現在の状況としては腰痛の影響はないと考えることができるでしょう。

無理せずに調子を上げていき、1軍合流や実戦での登板を見たいものです。

 

畠世周投手の本来の実力がわかる動画

この動画は、畠世周選手の本来の実力がよくわかる動画となっています。

本来の実力がよくわかる動画

この時は、まだプロ1年目の映像となっています。

 

それなのに、堂々としたピッチングをしており、まさに次期エース候補と言えるでしょう。

球界を代表する選手である筒香嘉智選手からも三振を奪っているのです。

怪我がなければ、2018年はもっと活躍することができたはずです。

それだけに、2019年シーズンは怪我することなく、シーズン通して活躍してほしいですね。

できればローテーションを守り通して、二桁勝利を挙げることを期待しています。

 

まとめ

今回は、巨人・畠世周選手の現在や近況を主に紹介してきました。

畠世周選手と言えば怪我が心配ですが、現在怪我の影響はないようです。

すでに春季キャンプでは2軍ながらフリー打撃に登板しています。

北村選手や加藤選手にストレートのみ30球投げています。この時期に打者に投げていること考えれば、近況は上々といった感じでしょう。

春季キャンプでの動画からも、怪我の影響は感じられません。

それだけに、2019年シーズンは順調に活躍できるのではないでしょうか?

まずは、紅白戦やオープン戦での実戦が楽しみです。

スポンサーリンク

 

コメント