巨人の注目育成選手の1人!堀岡隼人投手の年俸や特徴を動画でご紹介!

ピッチャー

巨人には育成選手の中にも、将来が期待できる選手がたくさんいます。

その中でも、2019年にメキメキと力を付けて結果を残しているのが堀岡隼人投手です。

2軍の試合で好投しており、いつ支配下選手登録されてもおかしくないぐらいの活躍を見せています。

そこで今回は、巨人の注目育成選手である堀岡隼人投手の年俸や特徴などについて紹介していきます。

 

巨人の注目育成選手の1人が堀岡隼人投手!

堀岡隼人投手は、2016年に育成ドラフト7位で巨人から指名されて入団しています。

高卒で指名されており、青森山田高校出身のピッチャーです。高校時代は甲子園こそ出場していないものの、明治神宮大会には出場してベスト4入りをしています。

プロ入り後、2017・2018年シーズンは2軍でも登板していません。

しかし、3軍でプレーしながら着々と力を付けており、2019年シーズンはこれまで11試合に登板して17回を投げて2失点で防御率1.06と好成績を残しています。

高卒から育成ドラフトで入団し、3年目でまだ20歳の堀岡隼人投手。

まだまだ成長途上であり、とても注目しておきたい巨人の育成選手となっています。

 

巨人の堀岡隼人投手の年俸は?

巨人の堀岡隼人投手の年俸ですが、入団時は年俸240万円・支度金200万円となっています。

育成ドラフト7位であり、高卒であることを考えれば妥当な年俸ではないでしょうか。

1年目は2軍での登板もなかったものの、プラス10万円の年俸250万円で契約更新。

現在も現状維持で250万円の年俸となっています。

もし、支配下選手登録を勝ち取ることができれば、年俸は倍増することでしょう。

支配下選手登録されるためにも、この調子で2軍の試合で結果を残していってほしいものです。

 

スポンサーリンク

 

巨人の堀岡隼人投手の特徴やピッチングスタイル!

堀岡隼人投手は、右投げでスリークォーターぎみの投球フォームです。

ストレートが武器であり、今シーズンの2軍の試合では151キロを記録しています。

平均140キロ半ばのストレートを投げており、威力がある直球は2軍でも通用しているのです。

また、スライダーやチェンジアップなどの変化球も持っており、ストレートと上手に組み合わせればバッターを翻弄することができます。

まだまだコントロール面など課題があるのですが、それ以上に将来性があるピッチャーとなっています。

 

堀岡隼人投手のピッチング動画!

この動画は、楽天との2軍の試合で堀岡隼人投手が登板した際の動画となっています。

 

堀岡隼人投手が登板した際の動画

 

ゆったりとしたピッチングフォームから、威力のあるストレートを投げていることがわかります。

球速も150キロを記録しており、1軍でも通用するストレートにまで磨くことができるのではないでしょうか。

コントロールがあまりよくなく、ストライクとボールが見分けやすいのが弱点です。

それだけに、制球力を身に付けることができれば、もっと活躍してもおかしくありません。

すでに2軍では11試合に登板しており、2失点の防御率1.06と好成績を残しているだけにこれからの活躍に期待です。

 

このまま結果を残して支配下選手登録されてほしい堀岡隼人投手!

巨人の堀岡隼人投手は、早く支配下選手登録されてほしい育成選手の1人です。

高卒で育成選手として巨人に入団して3年目のシーズンであり、今年は2軍の試合でしっかりと結果を残しています。

それだけに、1軍での登板も見てみたいピッチャーです。

このままのペースで2軍の試合で結果を残していけば、今シーズン中の支配下選手登録もあるのではないでしょうか。

そのためにも、2軍での試合で今の成績を維持して、どんどんアピールしてほしいものです。

いずれにしても、これからは堀岡隼人投手に注目してみてください。

コメント